クライアントに選ばれる専門性の決め方

選ばれる専門性の決め方

あなたが、コーチやカウンセラーという専門家になって折角活動しても、「全然、クライアントから選んでもらえない」「一生懸命に自分のビジネスを説明しても、誰にも見向きもされない」そんな事って結構あるものです。

その原因はなにかというと、「クライアントがあなたのサービスを欲しいと思えないから」です。

「え??そんなことわかっているよ。」という声が聞こえてきそうですが、本当に分かっていますか?
分かっていたら改善できますよね?

この記事では、専門性は何かを説明しながら、お客様があなたのサービスを欲しいと思えるようにするために必要なことをお話ししていきます。

専門性とはクライアントが得られる結果

まず、専門性とは、クライアントが得られる結果です。ここが大切です。ですが、多くのコーチやカウンセラーを見ていると、この結果が曖昧です。

そのため、クライントからすると「あなたは一体私に何をしてくれるの?」「私が望む結果を出せると言っても、なぜそれが出来るの?」と疑問だらけになるわけです。

結局、クライアントが正しく納得できる、そんな専門性が大切 なんですよ。

あなたの専門性は納得感がありますか?

コーチやカウンセラーで専門性を決めていくときに、「クライアントの立場から見て納得感があるのか?」というところがとても大切です。

なので、自分よがりの専門性を決める際には気をつけてみてください。

どんなに、あなたの専門性を決めても、「結果的に選ばれないなら、その専門性では意味がない」わけです。

もし、もう少し詳しく勉強したいなら、無料の動画プログラムを受講してみてくださいね。

【買う気満々のお客様からどんどん問い合わせが来る】

中村式心理学マーケティング 無料動画プログラム

▼ お知らせ ▼

無料動画プログラムのご案内

気軽に相談しやすいプロとして、発信するだけ!
もし、集客でお悩みなら、ぜひご覧ください。

無料動画を見る