心理カウンセラーの収入はいくら?【年収1000万円と10万円の違い】

コーチカウンセラーで年収10万円と1000万円の人の違いのイメージが画像

心理カウンセラーやコーチの現実的な収入はいくらくらいだと思いますか?

そして、独立して、年収1000万円稼げる人と年収10万円しか稼げない人との違いとは何でしょう?

せっかく時間とお金をかけて心理カウンセラーやコーチングの資格を取得し、強い思いがあってコーチやカウンセラーでビジネスを始めるわけですから、しっかりと年収を稼ぐことが重要ですよね?

このページでは、『誰でも年収1000万円!稼げるコーチ・カウンセラーになる方法』という本の著者であり、中村式心理学マーケティング塾長の中村博が「心理カウンセラーやコーチで独立して、年収1000万円稼げる人と年収10万円の人との違い」をお話しします。

あなたには、こんな悩みはないでしょうか?

  • せっかく心理カンセラーの資格を取ったのに、クライアントがなかなか集まらない
  • フェイスブックの友だちを増やしても、セッションの問い合わお客様が来ない
  • ブログを毎日必死に書いても、全然体験セッションの申込みがない
  • 交流会に何度も参加しても、お金だけはなくなるだけでクライアントが出来ない
  • やっと体験セッションに申し込みが来ても、契約をなかなかしてくれない
  • つい、体験セッションを受けてくれた方に、契約するように説得してしまい嫌われてしまう
  • 契約をやっと結べても、本当に安い金額でしか契約が取れない
  • 自分の売れるテーマのサービスや商品が作れない・・・
  • 他の方と何が違うの?と聞かれても何も答えような無い・・・
  • カウンセラーになったけれど年収が低すぎてがっかり・・・

ひとつでも当てはまるものがあれば、きっとこの記事はあなたのお役にたてると思います。

心理カウンセラーの方だけでなく、ダイエットコーチ、スピリチュアルコーチ・カウンセラーの方などで、独立して収入を増やしたい方はぜひ参考にしてください。

心理カウンセラーで年収1000万円はどのくらいいるのか?

通帳に振り込み


最初に衝撃な事実ですが、心理カウンセラーの方々で、年収1000万円を超えている人は本当に一握りです。

参考にですが、日本では年収1000万円以上という収入がある人が5%未満です。

そんな情報を加味すれば、心理カウンセラーで1000万円以上の収入を得ている人はそれ以下ということは容易にわかるでしょう。

ですが一方で、年収1000万円というのは、起業して独立開業すれば目指せる収入であるという事実も知っておきましょう。

一般的な会社勤めの心理カウンセラーの年収と比較しながら話を進めます。

会社勤めのカウンセラーの給与年収

会社勤めの心理カウンセラーの収入ですが、企業に勤める場合は、勤務先や勤務形態により年収に開きが出てきます。

資格サイトや、求人サイトを複数確認したところでは、一般的には、心理カウンセラーの年収は、300万円から400万円程度を平均給与としているところが多かったです。

注目したい事実としては、カウンセラーの資格には

  • 公認心理師
  • 臨床心理士
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • その他の民間資格

などありますが、資格の種類によって年収が数百万円アップするわけではないということです。
つまり、会社に普通に勤めているだけでは、年収1000万円には届かないということです。

独立開業した場合の心理カウンセラーの年収

一方、独立開業している心理カウンセラーの年収ですが、本人次第というのが正直なところです。

カウンセラーやコーチでの起業が流行っていますが、会社で給料をあげていくのと同じように、自ら動いて収入をあげる努力が必要ということですね。

実際のところ、正しいやり方を行えば、年収1000万円も可能です。

ですが、ここで多くの方が間違ってしまうのは、「自分のコーチングやカウンセリングのスキルが無いからだ」と思いこんでしまい、さらなるスキルアップに時間とお金と労力をつぎ込むことです。

しかし、これは殆どの場合、年収の差には直接結びつくことはないですので注意してください。
どんなスキルを磨いても、間違ったやり方をしてたら年収はあがらないのです。

では、「どのようにしたら年収1000万円の心理カウンセラーになれるのか?」をお話ししていきますね。

年収1000万円と10万円の差を生み出すのはマーケティング

実は、起業している心理カウンセラーの年収1000万円と年収10万円の差を生み出すのは、正しいマーケティングの技術と実践 しかありません。

ただし、マーケティングと言っても、よくネットで出回っている「○○ツールの使い方」「最新○○で、楽々稼げる」というようなものではありません。それらは殆どの場合使えないノウハウになることがほとんどです。

では一体何が正しいのでしょうか?

それは、「お客様になる方の心を理解して、その方に届くようにマーケティングを仕掛ける」ということです。

つまり、マーケティングにも、カウンセラーの資格を取る時に学んだように心理学を使うのです。

また、それがあるからそ活動がスタート出来ますし、結果年収の差になってくるのです。

ご参考に、年収10万円のカウンセラーが行っているマーケティングと、年収1000万円のカウンセラーが行っているマーケティングの違いをお話ししますね。

年収10万円のマーケティング

年収で10万円程度の方は、どのようなマーケティングを行っているのでしょうか?

おそらく、様々な情報をネットや知人、本などから得て活動を行っています。もしくは、自分の経験の中から活動を行っている人も多いです。これが、稼げない原因になっています。

では、それのどこがダメなのでしょうか?

その理由は単純で、「一部の情報だけを集めてマーケティングを行っても、結果的にバラバラの情報なので、体系的に成果を出すことにならない」ということです。

ネットや本などの情報は、いちばん重要な部分は掲載されていないことが多いです。なぜなら、そこで興味を持った方に、その後のサービスを提供することが目的だからです。

知人からの情報の多くは「最近◯が流行っているらしい」というような噂レベルの話だけが多く、実際に精通している人からの情報は手に入らないのです。

このように、年収10万円のコーチやカウンセラーの方は、正しい情報を手にして活動を行っていないので、いつまで経っても成果が出ずに終わるのです。

年収1000万円のマーケティング

では、年収1000万円を超えるコーチやカウンセラーの方は、一体何をされているのでしょうか?

実は、活動自体は年収10万円の方と殆ど変わりません。
では何が成果が出るかの差なのでしょうか?

その秘密は、「必要な情報すべてを体系的に学び、身につけて、実践している」という事です。

ここで大切なのは「体系的」だということです。

「体系的」とは一つ一つのものがある系統に従ってまとまっているさまのことです。
個々の要素が一定の順序や秩序などのルールに従いまとまめられている状態や、同じ種類のものが一つのグループとしてまとめられている状態です。(参照: TRANS1.Biz https://biz.trans-suite.jp/45030#i-2

このように、活動自体が系統でまとまっている事で成果を出すために何が必要で、どんな準備が必要なのか?どのように活動を行うことが必要なのかがわかるので、ミスが少ないということになるのです。

私、中村の本も、よろしければ参考にしてください。

【参考】中村博の本一覧

まとめ

このように、コーチやカウンセラーで年収1000万円稼げると年収10万円の違いとは、お客様の心を理解するために心理学を学び活用すること。
また、活動を体系的に学び身につけていくことです。そのためには、やはり専門家の指導を直接受けることが一番の近道だということです。

▼ お知らせ ▼

無料動画プログラムのご案内

気軽に相談しやすいプロとして、発信するだけ!
もし、集客でお悩みなら、ぜひご覧ください。

無料動画を見る